社員インタビュー

海外との取引に戸惑うことも、成長のチャンス
世界のお客様と関係性をつくる仕事が魅力です


2015年 新卒入社

中川 美帆

海外事業部 営業部 業務課

中川さんの今の業務内容を教えてください

中国のお客様との取引において、メールや電話の対応を行っています。大学時代は中国語を学んでいたということもあり中国担当の営業さんのアシスタント業務を行っています。顧客対応だけでなく、中国にある工場への生産指示を出したり、工程の管理なども行っています。

入社して大変だったお仕事はありましたか?

大学で中国語を学んでいたとはいえ、実際のビジネスで使う中国語は初めて使う言葉や表現も多く最初はとても戸惑いました。ビジネスレベルの語学研修を受けるというよりかは、どんどん実践で業務をこなし、その中で色々勉強していったという感じです。中国の仕入先や工場の方から直接教えていただくこともありました。信頼関係が出来ると仕事が早く進みますね。

img_nakagawa_02.jpg

入社するにあたって
清原を選んだきっかけは??

中国語を使う仕事に就きたかったからです。もともと服も好きでしたし、その2つの掛け合わせで調べた結果、就職活動の時に初めて清原という会社を知ったんです。選考過程の中でも会社訪問やリクルーターの方のお話を聞いた結果、この会社で中国語を使った仕事が出来るなら、と思い入社しました。

採用の過程で清原の印象はどうでしたか?

当時選考を受けた企業と比較して、学生ひとりひとりに対してじっくり面接していただけているな、という印象がありました。複数回の面接を経ても、その前の面接で話した内容などが会社側でしっかり情報共有されている点などにも好感を持ちました。個々人の能力だけでなく人柄を見ていただけているようで、会社としての温かみを感じましたね。

中川 美帆

清原の社員に求められる
姿勢や資質
などはありますか?

自分で考えて行動出来る人でしょうか。様々なビジネスの場面を経験し、実務をこなしながら学んで行くので、分からないことがあっても自分なりに考えて解決方法を考えられる人は成長も早いと思います。加えて、いわゆる報連相が上手な人。ミスがあってもそのミスをどうやれば乗り越えられるのか、プラスの意識で乗り越えていくチームワークがあります。失敗しても、抱え込まずに前向きに報告出来ると良いですね。

中川さんのこれからの目標について教えてください

入社当初は、右も左も分からず業務を覚えてこなしていくのに必死でした。最近では日々の業務も自信をもってこなせるようになりましたが、もっと周囲から信頼して仕事をまかせてもらえるようになりたいです。対中国の業務が中心ですが、それだけでなく、英語を勉強して業務の幅を広げたいな、という思いもあります。営業として世界を飛び回る女性の先輩に憧れたりもしますが、まずは日々の業務をしっかりとこなし、安心して任せてもらえるような、そんな存在になりたいです。