RECRUITNG SITE TOP > 清原社員のリレーブログ > 清原で働く上で感じるやりがい アパレル編

清原で実際に働いている人達の生の声を、お届けします。

清原で働く上で感じるやりがい アパレル編

2016年6月15日16:29

アパレル資材部門 寺井

みなさまこんにちは。寺井葵と申します。

ゆとり世代ど真ん中、就職氷河期に震えながら2011年に入社し、今年で6年目を迎えました。

入社時は、服飾雑貨(ベルト・アクセサリー・バッグ等)を主に扱う、アパレル資材部門FT-2チームに配属されました。昨年人事異動があり、現在はAT-1チームで勤務をしております。

まずは私の経歴をまとめます。

 

1年目  

|FT-2チームに配属。キャラクター雑貨と服飾雑貨の営業アシスタント

2年目の秋頃  

|キャラクター雑貨の営業

3年目の2月頃  

|服飾雑貨の営業

5年目の6月  

|AT-1チームに異動。服飾資材(裏地・芯地・釦等)の営業アシスタント

6年目の6月(現在)

 

このように様々な仕事を経験しましたが、それぞれの仕事にやりがいを感じながら、常に新鮮な気持ちで6年間働いてきました。このブログでは、服飾雑貨の営業をしていた頃のエピソードを元に、仕事のやりがいについてお話します。私は女性ですので、「営業職についてみたい!」と思っている女性のみなさんにも参考にしていただければ幸いです。

 

服飾雑貨の営業をしていた頃、「なんじゃこりゃ!」というような商品のオーダーを沢山いただきました。 今でも鮮明に覚えているのは、犬の形をしたマフラー、構造的に不可能と思われるベルト、こだわり満載の凝りに凝ったバッグ(且つ、納期が絶望的に短い。涙)など・・・。 商談をしながら、「こんな商品を作れるのだろうか?」「納期は間に合うのだろうか?」「かわいく仕上がるのだろうか?」とハラハラドキドキするような、忘れられない案件がいくつもあります。

 

渦中にあるときは「もう無理だ。やめたい。」と何度も逃げ出したくなりました。それでも私がこれまで仕事を続けてこられたのは、商品を生産してくださる仕入先さんや、私という人間を信じてオーダーをくださるお客さんとの人間関係があったからです。

 

前述したような無理難題を仕入先さんに投げかけると、「こんなの無理だ!作れない!」と突っぱねられてしまうことが多々あります。

それでも、「なぜ難しいのか。どうすれば実現できるのか。」をとことん話し合いながら、仕入先さんと二人三脚で、商品を作り上げてきました。

 

どうしても納期が間に合わないとき、バッグ職人さんの工場にお邪魔して、バッグの"コバ塗り"という作業を早朝から夜まで手伝ったことがあります。そのあとの縫製の工程は職人さんにバトンタッチしましたが、「絶対に間に合わない」と言われていたバッグが翌日完璧に出来上がっていた時には、職人さんへの感謝の気持ちで涙が出そうになりました。職人さんは、普段仕事をしている時間を大幅に延長して、夜遅くまでミシンを踏み、バッグを仕上げてくれたのです。 自分が真剣に考え、できる限りのことを尽くせば、その熱意は伝わります。そして、自分一人では到底できないような成果が生まれます。それを身を以て実感した瞬間でした。

 

また、真剣に仕事をしていると、商品に対する知識が着実に深まっていきます。人から聞いた情報・知識より、自分の足で稼いだそれらがより価値があることは言うまでもありません。 私は営業としては歴も浅くまだまだひよっこでしたが、もの作りの現場で自ら見てきた情報を元に商談に臨めば、普段なかなか納得してくれないお客さまも、こちらの言い分を理解してくれるようになりました。

そして、"現場に足を運んでいる"という事実を通じて、商品に対する真剣さが伝わったのか、お客さんからの信頼が深まっていくのを感じました。 時には失敗をし、お客様に迷惑をかけてしまったこともあります。それでもまた「次はがんばってね!」と私を信じてオーダーをくれる、そういった人間関係が私の原動力となっていました。

 

清原の仕事は、社内だけで完結するものではありません。沢山の方々に支えられながら、一着の洋服、一つのバッグが作られています。協力してくれる方々との関係性も、一朝一夕で作られるものではありません。だからこそ、寡黙な職人さんや厳しいお客様が笑って食事に誘ってくれるようになると、仕事を頑張ってきてよかったと心から思います。

 

そんな仕事を清原でやってみたいという方、是非選考に参加してみてください!健闘を祈ります。

PAGE TOP